造園・解体工事なら有限会社 鈴木商事|福島県いわき市

昭和57年創業の歴史と培った技術で、お庭のあらゆるお悩み事を解決いたします。解体もお任せください。日本全国対応可能。

Grn

ホームブログページ ≫ 解体工事での成功談&失敗談Part4 ≫

解体工事での成功談&失敗談Part4

書類は大事!親族や知り合いの紹介でも契約はシビアに!

成功談

友人の知り合いが解体業者だったので紹介してもらい、空き家の解体工事をお願いすることになった。知り合いとはいえお金のやりとりが発生するので、見積り金額に含まれるもの、含まれないものをきちんと明記した契約書を交わした。
地中から想定していなかった古い基礎が出てくるハプニングもあったが、事前に工事範囲を明記した契約を書面で交わしていたため、双方の責任が明確で、迷うことも揉めることもなくお互いに笑顔で解体を終えることができた。

失敗談

親戚が解体業者だったので工事をお願いすることになった。
「縁故なので堅苦しい書面は交わさずに任せてよ」
と言われるがまま、口約束で工事が始まったが、なんとなくネットで調べた相場より2倍近く高い解体費用であることが分かってしまった。
親戚だし今更言いにくいなぁ、と思っていたら、工事の途中で
「処分場の価格が上がってしまったから、当初の約束より1割位余分にかかる」と言われてしまった。
親族とはいえきちんと書面を交わしておけばよかった…。

契約書などの書面は何のために交わすものか、ご存知でしょうか?
それ他でもない、あなたと業者の「双方を守るもの」です。
「どこからどこまでを、いつまでに、いくらで解体する」
と明記されて双方のサインがあれば、どんなハプニングがあっても「契約に含まれているか否か」がすぐ分かりますし、含まれていない場合は改めて「どうしようか?」と協議することもできます。
特に親戚や知り合いなどにお願いする場合、「あれ?」と思った事も逆に言いにくいケースが多いそうです。
親しき仲にも礼儀あり。
相手がどんなに近しい人であろうと、お金のやりとりをする際にはきちんと書面を交わしておくことをお勧めします。

2021年03月15日 18:02

有限会社 鈴木商事

【電話番号】 0246-89-4038

【住所】 〒972-0253
福島県いわき市遠野町
大平字皿貝103-4

【営業時間】 08:00~18:00

【定休日】 祝日

会社概要

ブログカテゴリ

モバイルサイト

有限会社鈴木商事スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら